愛知のミュージアム公式ガイドブック
著 者 愛知県博物館協会、名古屋市博物館
発 行 ミュゼ
価 格 1,300円

[コメント]
ミュージアムのジャンルがひと目でわかる。ビジュアルだから、見やすい。各ミュージアムに地図がついて、行きやすい。英文の説明あり、楽しくなるコラム。
キュレイターからの手紙―アメリカ・ミュージアム事情
著 者 三木美裕
発 行 ミュゼ
価 格 1,995円

[コメント]
本書はミュージアムの現場で起こったさまざまな体験やエピソードをまじえ、アメリカのミュージアム事情をわかりやすく伝えるエッセイ集です。 内容もミュージアムの運営、ボランティア、エデュケーター、資金調達など盛りだくさんで、日本のミュージアムファン、学芸員、経営に携わる方におすすめの一冊です。
ミュージアムショップに行こう!
著 者 山下治子
発 行 ミュゼ
価 格 1,600円

[コメント]
ここ何年かで多くのミュージアムが誕生し、サービスのあり方、厳しい運営環境のなかでミュージアムショップやグッズはどうあるべきかといった課題について、本書ではジャーナリスティックにとらえている。
韓国史跡と美術の旅
著 者 高橋隆博
発 行 創元社
価 格 1,800円

[コメント]
1釜山とその周辺、2古都慶州、3大邱と清州、4扶余と公州、5閑麗水道と晋州、6光州と全州、7首都ソウル、8済州島  韓国史略年表
世界の台所博物館
著 者 宮崎玲子
発 行 柏書房
価 格 2,330円

[コメント]
ヨーロッパ・アジア・日本の全域をはじめ、中近東・オセアニア・アフリカ・アメリカまで、30年間の徹底取材による“食”の民族図誌!こんなにも 違う!世界50か国のキッチン・厨房・台所。建築家のユニークな異文化体験。
正倉院よもやま話
著 者 松嶋順正
発 行 学生社
価 格 1,680円

[コメント]
シルクロードの終点―正倉院の語るものは何か。正倉院のらく書、聖武天皇の履物、切りとられた名香。玉虫の翅で飾られた宝物、ヒヨン、虹龍とは何か。正倉院裂の由緒は?等々―正倉院の生き字引といわれる著者が綴る。
江戸東京博物館
著 者 菊竹清訓
発 行 鹿島出版会
価 格 2,300円

[コメント]
江戸東京博物館の基本設計書には、専門的な構想の技術的展開が述べられている。それに対してこの本は、計画におけるソフトの領域を主とし、構想およびその背景といった内容がまとめてある。
浮世絵ヨ−ロッパ・コレクション
著 者 福田和彦
発 行 ベストセラ−ズ
価 格 3,900円

[コメント]
歌麿・北斎・英泉・国貞…。ロンドン大英博物館所蔵の門外不出の春画の全貌が、世界で初めて公開された。わが国浮世絵界に衝撃を与える、ときめきのエロティシズム画集。
全国書の名蹟めぐり 下
著 者 駒井鵞静
発 行 雄山閣出版
価 格 2,900円

[コメント]
名蹟の宝庫である京都・奈良から沖縄まで、書道のゆかりの深い寺社や博物館、碑、古代文字の出土地、空海や菘翁はじめ名家の遺跡など、西日本の見どころと行きかたを紹介。写真325点。
日本博物館発達史
著 者 椎名仙卓
発 行 雄山閣出版
価 格 4,800円

[コメント]
わが国の博物館には二つの系統があった。文化財の保存を役割としてきたものと、学校教育と深くかかわってきたものとである。この流れは震災を転機として歴史・美術系と科学系博物館となる。初めてわが国の近代博物館の歴史を体系化した画期的労作。